特徴的な腕の模様の表現がまず浮かんで、そこから作り始めた作品。展開図が成立してないので
再現性に劣る。


2003 Shintaro Miyamoto