この頃の創作は理論上成立するとか全く考えていなかったので、かなり無理やりできている。
後脚が前脚と比べて貧弱でアンバランス。改良してみたい作品の一つである。


2002 Shintaro Miyamoto